コトノハオウコク
こんな世の中に心象スケッチなんというものを、大衆めあてで決して書いている次第でありません。全くさびしくてたまらず、
美しいものがほしくてたまらず、ただ幾人かのかんぜんな同感者から『あれはそうですね』というようなことを、
ぽつんといわれる位がまずのぞみというところです(宮沢賢治)
<< 完走報告 (里坂季夜) main 愛がいっぱい/Won fu Loves You >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / / - / -


青春オン・ザ・ロード
メロン記念日とザ・コレクターズのコラボソング
「青春オン・ザ・ロード」のPVが少し前にあがっていました
10/17の原宿アストロホールでのライブ映像いいなあ
20代半ばを迎えたアイドルグループにぴったりの名曲だとおもいます




青春・オン・ザ・ロード<タワーレコード限定>


* * * * *

TOO MUCH ROMANTIC!
青春オン・ザ・ロード
素晴らしき人生

ストーリー的につながっているようなこの3曲が
どれもたまらなく好きです
どこにでもいそうなカップルが主人公
「バイクに二人乗り」が象徴する
一生懸命で夢中な時代を過ごしたひとたちの
振り返ればキラキラした想い出が笑っていて
これから行く道に光が射してくるような

たぶんザ・コレクターズの真骨頂は
曲についてはよくわからないけれど
歌詞についてだけいえば
「たよれる男」や新曲「明るい未来を」みたいな
加藤さん以外には絶対誰も書かない世界にあるとおもうし
もちろんそれも大好きでそれがなきゃコレクターズじゃない
でもちょっと独特な加藤ひさしワールドは
こちらに受け入れる心の準備やエネルギーがないと
受け止めきれないことがあったりもするので

なんとなくCDをかけたときに
あまり語られないこういった日常的で普遍的な感情を歌った
隠れた名曲が流れ出してすっと入ってきて
おもわずきゅんきゅんしたりほろりとしたり
そういうのがほんとにたまらない

スマッシュヒット「世界を止めて」も
ただただ愛するひとと離れたくないという想い
主張じゃなくて「祈り」にきこえるリフレインが
ふだん熱心に音楽を聴かないリスナーの心に届いたのかも
なんておもうのです

ただいまザ・コレクターズはニューアルバム制作中
毎日ハードなレコーディング真っ最中の模様
順調にいけば4/7にコロムビアより発売とか(ライブMCより)

びっくりする曲 どきどきする曲
せつない曲 しみじみする曲
知らない世界をみせてくれる曲
強引な曲 寄り添ってくれる曲
そしてしあわせな気持ちになれる曲
いろんな曲がききたいなあ

新譜を待つときはいつもだけど
今回はもうすぐ50歳の現役ロックンローラー加藤さんが
どんな世界を創り上げてくれるのか
いつにも増して期待でわくわく春を待っています
どうか最高なアルバムができあがりますように



里坂季夜 / 音楽 / 23:13 / comments(0) / trackbacks(0)


スポンサーサイト
スポンサードリンク / - / 23:13 / - / -


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://2065.jugem.jp/trackback/208
トラックバック


CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES






テスコの部屋/金髪のジェニー
KOTARO&THE BIZARREMEN
iTunes Storeにて配信中
icon

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE





 iTunes Store(Japan)

















XAFFAシリーズ