コトノハオウコク
こんな世の中に心象スケッチなんというものを、大衆めあてで決して書いている次第でありません。全くさびしくてたまらず、
美しいものがほしくてたまらず、ただ幾人かのかんぜんな同感者から『あれはそうですね』というようなことを、
ぽつんといわれる位がまずのぞみというところです(宮沢賢治)
<< 題詠100首blog2009投稿歌(051~075) main 完走報告 (里坂季夜) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / / - / -


題詠100首blog2009投稿歌(076〜100)

076:住
友の住む宮城・近江の新米の微笑みに負け2キロずつ買う

077:屑
紙屑のようにWEBに舞う想い拾い拾われ攫われTwitter

078:アンコール
くりかえすこころの中のアンコール終わらぬうちに次がはじまる
 
079:恥
都会では迷わずゴミに出すらしい矜持も恥も使えぬ友も

080:午後
グーグルと戯れすぎた晩秋の短い午後をぱたんと閉じる
 
081:早
いつもより4時間早い快速に懐かしい顔 声はかけない
 
082:源
電源は落とさずにいるオンラインマークが点いて 消えて おやすみ

083:憂鬱
夢の中でさえ言葉を飲み込んでいるぼくがいて朝の憂鬱

084:河
オレンジの火球にのせた願いごと大河の底にいつまで眠る
 
085:クリスマス
厳かにクリスマスケーキを切り分ける昭和の父の右手の記憶
 
086:符
黒いハートぐるぐる消してヒゲつけて音符マークを末尾に添える
 
087:気分
固まったかなしい気分すりつぶしジンジャーハニーレモンに溶かす

088:編
ひとつづつ編み図のマスを埋めてゆく色鉛筆の芯のたしかさ

089:テスト
これは何のテストだろうか不運など軽くふうんとやりすごすべし
 
090:長
長く長くのばした声が息だけになる瞬間をリピートで聴く
 
091:冬
永遠にみていたかった夢さめて冬色の空泳ぐ三日月
 
092:夕焼け
いつかみんなひとりっきりでそこへゆく夕焼けあかくあかくさびしい

093:鼻
目をつむり耳もふさいだそれなのに鼻が知らせる冷たい夜明け

094:彼方
すぐそこにみえてとどかぬ何光年彼方のひかりきみの孤独は
 
095:卓
ありがたき「今日の言葉」が沁みすぎて一枚破る卓上カレンダー
 
096:マイナス
ニセ科学しかも流行りも過ぎたのでマイナスイオン求めて海へ
 
097:断
気づかないふりしていよう油断したきみの背中がこぼした本音
 
098:電気
壊れかけた電気羊のことばかり考えていた愛しい時代

099:戻
WHEN I'M SIXTY FOUR 今よりももっと一人に戻っていたい

100:好
好き勝手ばかりの一生だったねと言われるだろうぼくの終わる日



 
 
里坂季夜 / 題詠100首blog投稿歌一覧 / 23:58 / comments(0) / trackbacks(0)


スポンサーサイト
スポンサードリンク / - / 23:58 / - / -


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://2065.jugem.jp/trackback/206
トラックバック


CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES






テスコの部屋/金髪のジェニー
KOTARO&THE BIZARREMEN
iTunes Storeにて配信中
icon

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE





 iTunes Store(Japan)

















XAFFAシリーズ