コトノハオウコク
こんな世の中に心象スケッチなんというものを、大衆めあてで決して書いている次第でありません。全くさびしくてたまらず、
美しいものがほしくてたまらず、ただ幾人かのかんぜんな同感者から『あれはそうですね』というようなことを、
ぽつんといわれる位がまずのぞみというところです(宮沢賢治)
<< Bamboo Comic main 題詠100首blog2008投稿歌 037~046 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / / - / -


題詠100首blog2008投稿歌 025~036
025:あられ
梅雨明けを待つ日々部屋の異分子をひとつずつ消すまず雛あられ

026:基
あの夏の秘密基地から盗まれた地図はいらないもうここにいる

027:消毒
プラセボでOKかるく消毒をしたら見慣れた夢みて治す

028:供
カルピスとハウス食品提供の団欒はるかかすむ日曜

029:杖
明け方のマクドナルドで頬杖をつけばいつかの薄桃の空

030:湯気
ぼんやりとまがりつむじは湯気の中あこがれひとつ手放す覚悟

031:忍
前世が忍者なもので足音のしない靴しか履けないのです

032:ルージュ
紅くないルージュばかりの引き出しに決して笑わぬ二十歳の写真

033:すいか
タピオカをつつむピンクのたよりなさすいかジュースは健気に甘い

034:岡
20年たってもさっぱりわからない岡村ちゃんの魅力なるもの

035:過去
ここにない街をみている夏まつり誰かの過去が角を曲がった

036:船
空想の宇宙船から見下ろせば地に陰はなく陽の乱反射



里坂季夜 / 題詠100首blog / 03:15 / comments(0) / trackbacks(0)


スポンサーサイト
スポンサードリンク / - / 03:15 / - / -


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://2065.jugem.jp/trackback/188
トラックバック


CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES






テスコの部屋/金髪のジェニー
KOTARO&THE BIZARREMEN
iTunes Storeにて配信中
icon

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE





 iTunes Store(Japan)

















XAFFAシリーズ