コトノハオウコク
こんな世の中に心象スケッチなんというものを、大衆めあてで決して書いている次第でありません。全くさびしくてたまらず、
美しいものがほしくてたまらず、ただ幾人かのかんぜんな同感者から『あれはそうですね』というようなことを、
ぽつんといわれる位がまずのぞみというところです(宮沢賢治)
<< 題詠100首blog2008投稿歌 001~005 main 題詠100首blog2008投稿歌 012~018 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / / - / -


題詠100首blog2008投稿歌 006~011
006:ドラマ
打ち切りの深夜ドラマの結末をくみたててみる明るむ窓に

007:壁
透明な壁のむこうに囚われてリップシンクで吠えよ恐竜

008:守
見守るということの意味長考の後に無言の野次馬となる

009:会話
他愛ない会話途切れて午前四時星は宇宙へ魚は海へ

010:蝶
めずらしい蝶だったねと羽だけをもいで飾ろう夜の裏側

011:除
さくさくと削除してゆくその指の言葉夢からこぼれぬうちに



里坂季夜 / 題詠100首blog / 03:58 / comments(0) / trackbacks(0)


スポンサーサイト
スポンサードリンク / - / 03:58 / - / -


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック


CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
CATEGORIES






テスコの部屋/金髪のジェニー
KOTARO&THE BIZARREMEN
iTunes Storeにて配信中
icon

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE





 iTunes Store(Japan)

















XAFFAシリーズ