コトノハオウコク
こんな世の中に心象スケッチなんというものを、大衆めあてで決して書いている次第でありません。全くさびしくてたまらず、
美しいものがほしくてたまらず、ただ幾人かのかんぜんな同感者から『あれはそうですね』というようなことを、
ぽつんといわれる位がまずのぞみというところです(宮沢賢治)
<< 旺福的奇幻世界 main 桜餅食べたでしょ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / / - / -


旺福台風
WOW!WOW!な日々から1週間
台風一過まだまだ余韻の中
仕事を早退して渋谷インストア翌日は下北251
間に1日半仕事をはさんで
渋谷クアトロさらに新宿Marble
よくこんなエネルギーがあったと我ながらびっくり


■2/21 AppleStore,Shibuya

7時すぎに着いて場所を確認しようと入店したら
いきなりMAMIちゃんの歌声がきこえた
ちょうどリハやってました ラッキー





加藤さん司会のトークはところどころ軽い毒入り
日本の印象 おみやげに買うものなど
ドゥーピーをオチにしたくてたまらないのね
小民の新日本語のコール&レスポンス
「ハズカレサマデシター」
流行りそう・・・にはないですね

『メガネはいらない』(日本語)
『ドレミ』(日本語)


■2/22 下北沢251
「ミステリーサークルズ・ナイト」

O.Aの大物 KOTARO&THE BIZZARMEN
赤いチョッキがまぶしいビザールメン
「出られただけで光栄です」
テケテケTEISCOが3本 インスト2曲に続き
オリジナル曲『テスコの部屋』
この歌詞は新境地?笑えるのにほっこりせつない
この路線継続の新曲を心より熱望します
バンド合戦を忠実に再現の『夜空の星』
なりきり雄三ちょっとあがってらしたそうです
そのまま次のセッティングのあいだも喋り続け
旺福の紹介をする司会者ヒネさんおつかれさまでした

この日はオレンジ系で統一された衣装がキュート





『エブリデイ・ワウ!ワウ!』(日本語)
『ボクはジミーヘンドリックス』
『小春日和』
『夜空に星のある夜に』
『恋はぴったり』
『レディースナイト』
『ドレミ』(日本語)
『SPINクラブで大騒ぎ』

小民「ツギノ・・?」MAMI「ツギノキョクハ!」
この後の2ステージでも何度か同じやりとりが
うまく言えたら会場拍手喝采
ジミヘンではリッケンのストラップがはずれ
ダンスダンスで盛り上げる半ズボン小民
一昨年よりうんと頼もしい
MAMIちゃんのヘッドバンギングと
足ふんばってギター弾く姿がロックンロール
TWIGGYのクールで力強いベース
細い身体めいっぱい使ってのドゥーピーのドラム
初期のXTCっぽいファニーなナンバーから
最近のメロディアスで聴かせる曲まで
お人形のように可愛い外見を裏切る
演奏の上手さカラフルなバンドサウンド

ムービンもFURSもよかった
特にFURS 勢いがあってカッコイイ
ベースがスペクトラムだった
ギターはリッケンとかグレコとか
途中ヴォーカルさんが1曲弾いていたのは
どうやらあのグヤトーンだったらしい

FURSのアンコールに登場の加藤さん
リハではテンポ遅かったから極限まで早く!と
あおりにあおったあげく
しょっぱなの歌詞を忘れてやりなおし 笑
初期BIKEの名曲『プライベート・ショック!』
旺福とムービン コータローを呼び込んでさらに1曲
『(It's Paradise)HALF AS NICE』(日本語)
♪もしパラダイスがあっても僕はいらないさ
ここがパラダイス君のそばが♪
終演23:00 濃いイベントでした


■2/24 渋谷クラブクアトロ
「東京虫フライングツアー」

強風で東北地方は新幹線が止まっているとの情報に
必死で昼過ぎに仕事を切り上げて飛び乗ったのぞみ
なんとか5時前にはクアトロに到着

加藤さんが前説に登場
「萌ッズ」って!ちょっととっつきやすそう?
旺福は昨日ホテルで作ったばかりの新曲をやる!って?
「期待しすぎんなよ」とちょっと心配そうなお父さんモード
すごいなあこのノリ
いまこのライブを楽しんじゃおう!って勢い
若いっていいな

『青春を突っ走れ』
『エブリデイ・ワウ!ワウ!』(日本語)
『メガネはいらない』(日本語)
『ドレミ』(日本語)
『ハズカレサマデシタ』 (新曲!)
『美しき世界』(日本語)
『いいことあるさ』(台湾語)
『ミニスカート』

大きめの舞台と華やかな照明も似合う旺福
本国ではしょっちゅうフェスによばれて
何千人もの前で演奏してるもんね
キラキラ楽しい時間に満足

コレクターズのステージは
いつものゆるーい居酒屋毒舌トーク風MCをはさんで
熱演に次ぐ熱演 熱唱に次ぐ熱唱
この落差がたまらない
『ツイスター』のシャウトが毎回たのしみ

2回目のアンコールには旺福も登場
『僕はポップアイドル』
小民楽しそうだったなあ
『Too Much Romantic!』では小民もギターソロ
台湾ライブをおもいだした
ステージ上のメンバーにサイン入りフリスビーが配られ
加藤さんが英語で旺福にルール?説明
ガムをよけて投げ返して当てたらYou win!って
そんなルールはじめてききましたよ
クラブクアトロで大騒ぎ『リグレイ・チューインガム』
フリスビーを会場に投げて旺福退場
『僕はコレクター』でライブ終了


■2/25 新宿Marble「アジアの純真」

100人も入ればいっぱいの小さなハコ
入場したらすでに対バンが演奏中
あれ?MAMIちゃんがフロアでノリノリ?
5バンドも出て楽屋が狭かったんでしょうか
小民もTWIGGYも普通にそのへんをうろうろ
ジュディマリ風女の子ボーカルビートバンドには
ドゥーピーがとくに見入っていたようです







『新幹線』
『小民の007』
『メガネはいらない』(日本語)
『エブリデイ・ワウ!ワウ!』
『胖?的怒吼』
『SPINクラブで大騒ぎ』

今回の来日ラストライブはパンキッシュな曲多め
短かったけどリラックスしてはじけてたのがとてもよかった
小民のMCの「ミナサンゲンキデスカ?カラゲンキ?」がツボ
個人的に「ハズカレサマデシター」より流行らせたい
「カラゲンキ?」
後ろの関係者席では加藤さんが終始笑顔で
ステージを見守っておられました

3日ともハコにあわせたセットリストで
いろいろ聴けてうれしかった
もうしばらく旺福熱は醒めそうもない
台湾までライブ観にいきたいな
誰か連れてってくれないかな

そういえば
旺福楽団の団長はビーグル犬のRingoだって
みなさん忘れてませんか
彼はマスコットとかイメージキャラクターじゃないのに
251の物販で「RingoのTシャツください」って言ったら
メンバーみんな「Yeah! Ringo! Ringo!」
団長の名前を知らないままなのは
コレクターズのライブでリグレイを知らないまま
ロッテのガム投げるみたいなもんじゃないかななんて
勝手に心配してみたりして
でも案外メンバーはこだわりないのかもね


" target="_blank">YouTube

●iTunesStore
旺福


里坂季夜 / 音楽 / 02:16 / comments(0) / trackbacks(0)


スポンサーサイト
スポンサードリンク / - / 02:16 / - / -


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://2065.jugem.jp/trackback/178
トラックバック


CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES






テスコの部屋/金髪のジェニー
KOTARO&THE BIZARREMEN
iTunes Storeにて配信中
icon

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE





 iTunes Store(Japan)

















XAFFAシリーズ