コトノハオウコク
こんな世の中に心象スケッチなんというものを、大衆めあてで決して書いている次第でありません。全くさびしくてたまらず、
美しいものがほしくてたまらず、ただ幾人かのかんぜんな同感者から『あれはそうですね』というようなことを、
ぽつんといわれる位がまずのぞみというところです(宮沢賢治)
<< 題詠100首blog2007投稿歌 063~072 main 題詠100首blog2007投稿歌 079~088 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / / - / -


題詠100首blog2007投稿歌 073~078
073:像
添付する画像と愛はあくまでも軽くしておく伝えすぎぬよう

074:英語
片言の英語を交わし火を貸した赤の広場の少女の今は

075:鳥
まぼろしのドードー鳥とかけっこをしているだけだった20代

076:まぶた
何を待つまぶたと爪をあざやかに染めた老嬢ひとりベンチに

077:写真
五年分の写真を抱いた眠り姫FlowerPowerよ目覚めておくれ

078:経
100年を経て繰り返す悲喜劇のぼくは乞食かそれとも娼婦





里坂季夜 / 題詠100首blog / 03:58 / comments(0) / trackbacks(0)


スポンサーサイト
スポンサードリンク / - / 03:58 / - / -


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://2065.jugem.jp/trackback/168
トラックバック


CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
CATEGORIES






テスコの部屋/金髪のジェニー
KOTARO&THE BIZARREMEN
iTunes Storeにて配信中
icon

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE





 iTunes Store(Japan)

















XAFFAシリーズ