コトノハオウコク
こんな世の中に心象スケッチなんというものを、大衆めあてで決して書いている次第でありません。全くさびしくてたまらず、
美しいものがほしくてたまらず、ただ幾人かのかんぜんな同感者から『あれはそうですね』というようなことを、
ぽつんといわれる位がまずのぞみというところです(宮沢賢治)
<< 題詠100首blog2007投稿歌 044~049 main 題詠100首blog2007投稿歌 056~060 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / / - / -


題詠100首blog2007投稿歌 050~055
050:仮面
玄関の仮面置き場が暗いから僕もあの子もたまに間違う

051:宙
バーチャルな敵と戦うヒーローはもう宇宙へは帰らぬらしい

052:あこがれ
あこがれの骸つないだ日常は欲しくないからあこがれておく

053:爪
流星の下で爪弾くアルペジオ生まれ変わってアルゴルで聴く

054:電車
とりどりの携帯順に閉じられてなにごともなく電車は駅へ

055:労
労いの声は届かず小走りに派遣さんから母に戻るひと


里坂季夜 / 題詠100首blog / 19:15 / comments(0) / trackbacks(1)


スポンサーサイト
スポンサードリンク / - / 19:15 / - / -


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://2065.jugem.jp/trackback/162
トラックバック
050:仮面うた
5月6日 五ヶ月目おんなの臍の奥深き場所で形成されたる仮面 橘 こよみ ウサミミの仮面のあなたでいない時うさみみは海の夢をきいてる やすまる 玄関の仮面置き場が暗いから僕もあの子もたまに間違う 里坂季夜 はづされた仮面のやうに街上に麝香揚羽のひとつ落ち
| 花夢 | 2008/05/06 7:49 PM |


CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES






テスコの部屋/金髪のジェニー
KOTARO&THE BIZARREMEN
iTunes Storeにて配信中
icon

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE





 iTunes Store(Japan)

















XAFFAシリーズ